ドローン飛行許可申請(石川県金沢市)

drone

行政書士事務所ヒュースターでは、石川県金沢市周辺地域でのドローン飛行許可申請手続の代行を行なっています。

 

ドローンの飛行許可

ドローンとは

国土交通省航空局の「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の 安全な飛行のためのガイドライン 」に、無人航空機に関して以下のような記載があります。

無人航空機とは 、「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であっ て、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義さ れており、いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用 ヘリコプター等が該当します。

 

ドローン=マルチコプターということですが、マルチコプターとは、「 3つ以上のローター(回転翼)を搭載した回転翼機」ということになります。マルチコプターというと有人飛行のものもありますが、この場合はドローンとは言わないのが普通です。上記でも「いわゆるドローン」という言い方をしており、その定義はしっかりと決まっているというわけではなさそうです。

上記ガイドラインでは、ドローンを含む無人航空機について定義されていますが、 重量200グラム未満のものは、無人航空機ではなく、「 模型航空機」に分類されます。

飛行禁止区域

無人航空機について、航空法で飛行禁止区域が設定されています。このルールを破った場合には、50万円以下の罰金が課されることになります。

飛行禁止区域でドローンを飛行させる場合には、国土交通省の許可が必要です。飛行禁止区域は、下記の3つです。

  1. 地表又は水面から150m以上の空域
  2. 空港周辺の空域
  3. 人口集中地域の上空(金沢市の一部が対象です)

承認が必要な飛行の方法

飛行させる場所にかかわらず、無人飛行機を飛行させる場合には、以下のルールも守らなければなりません。

  • 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  •  目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛 行させること
  •  第三者又は第三者の建物、第三者の車両などの物件との間に距離(30m) を保って飛行させること
  •  祭礼、縁日など多数の人が集まる催し場所の上空で飛行させないこと
  •  爆発物など危険物を輸送しないこと
  •  無人航空機から物を投下しないこと

このルールを守らずに飛行させる場合には、 国土交通大臣の承認が必要です。

行政書士事務所ヒュースターへの依頼

ドローン飛行許可申請(1年間)について、40,000円にて許可申請代行いたします。

飛行実績報告については、別途10,000円(1回)に手可能です。

その他、詳細はお気軽にご相談ください。

 

 

石川県金沢市周辺地域でのドローン飛行許可申請は、行政書士事務所ヒュースターにお任せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です